アメリカ訪問記 VOL.4 FORMLABS訪問 2日目 – WEBを中心としたサポート体制の設計

前回に引き続きformlabs本社見学。今回が最後で開発部隊以外の見学をした。訪問時点でformlabsの社員数は220人、そのうち開発が約120人ということで販売やサポート、バックオフィスに約100人いることになる。 現状formlabsはここボストンとドイツのに拠点あって拡大を続けている。 一番注目したのはこのサポート専用のスタジオ。業務用機の製品サポートといえばオンサイトサポートでサポートエンジニアを抱えなきゃいけないっていうのがあるけれども、こういった形でもうテレビ電話前提でお互い同じ環境だからサポートできるよねって言う割り切りは必要だと思...
Posted By :
Comment :0

アメリカ訪問記 vol.3 formlabs訪問 2日目

前回に引き続き、formlabs 訪問2日目。2日目とはいえこれが最終日で、formlabs本社の見学になる。 閑静な住宅街。てっきり大雪が降る地域だと思ってた...
Posted By :
Comment :0

アメリカ訪問記 vol.2 formlabs訪問 1日目

随分間が空いてしまったけど、form2.shopの下地の意味もあるので改めてちゃんと書く。 前回ボストンに着いてなんとか朝起きて朝食の会場に行くともうそこがpartner’s summitの会場だった。 partner’s summitはまる2日間で1日目はずっとセミナー。いったい1日中なにをセミナーするのかと思っていたけれども始まってみるとすごく面白くてあっという間。 細かい内容は書くときりがないから(多分form2.shopの記事はもっと端折ると思うけ...
Posted By :
Comment :0

アメリカ訪問記 vol1 何故かシカゴに降ろされる 2017/02/10

2017/1/16~24 アメリカに行ってきた。 目的地はボストンのformlabs、その後ニューヨーク。何回かに分けていろいろ考えたので書き留めておこうと思う。 まず第1目的地のformlabsについて改めて書くと、デスクトップSLA3Dプリンターを開発しているハードウェアベンチャーだ。 2011年から初号機であるForm1を開発してkickstarterでクラウドファンディングを実施。$2,945,885を集めることに成功した。ご多分に漏れず出荷は送れて一時はもうだめなんじゃないかと言われてたけど無事出荷する...
Posted By :
Comment :0

Form2クリアレジンで大きなものを 2016-8-16

クリアレジンでサソリを造った。クリレジンはForm2でかなり改良されて、光造形で使われるレジン独特の黄色みがだいぶ引いていると思う。 京都の拠点で造ったときは小さいもので、これはかなりの透明度だったらしい。 Form2クリアレジンで様々なサンプル品を造形中です。非常に透明度が高く良い素材です。DMなどからもご注文のご相談承ります。#3Dプリンター #form2 #京都 pic.twitter.com/Sks2WHc0AG — WorkshopDigitalizing (@yokoit...
Posted By :
Comment :0

下顎造形 SLA吊り下げ式の長短所 2016/08/11

昨日造形したこのデータ(http://www.thingiverse.com/thing:308335)の下顎を造形した。 下顎の方はそもそも全体的に薄い部分が多いからどのぐらい抜けるかちょっと心配だった。特にレジンの抜けではちゃんと流れてくれるかどうか。でも今考えてみると、造形中断面は完全に開いているわけで流れる流れないじゃない事に気...
Posted By :
Comment :0

Form2造形時にmeshmixerで中空に(肉抜き) 2016/08/10

ネット経由での頒布実験のためスゴ涼を撮影。MFTでは対面だったけれども、そうではない形で試作品頒布を行うのはやっぱりちょっと緊張する。     24時間超えの造形が無事終了していた。 今回はもう一つ実験をしていて、Meshmixerでモデルを中空に(肉抜き)している。勿論中空にしても内側にサポート材を生成しないと造形できないからシェルした部分だけ問うわけにはいかないけれども、かなり節約に...
Posted By :
Comment :0

Form2 24時間超えの造形開始 2016/08/08

Form2で初めて24時間超えの造形をする。楽しみだ。 3Dプリンターで24時間超えの造形を行うというのは実は余り行わない。まず僕がそこまで大きい物を作らないというのと、複数個生産にしては失敗のリスクがあまりに大きいから。 FDMで24時間超えの造形はかなり勇気がいる。剥がれ・造形物との衝突・反り等で大きくなればなるほど失敗する可能性がどんどん増えていく。特にこの反りがFDMの場合は厄介で、これが起こってしまうと...
Posted By :
Comment :0

FDMで100個生産 2016/07/18

無事Form2をDMM.make AKIBAチームルーム111に戻すことが出来た。 いつも見ているはずの風景なのに、タクシーから違う角度で見ると全然違って見える。知らないお店もたくさんある。特に東京の場合ビルの上の方まであまり見ない気がする。 丁度同じ時にDaVinci Jr二台目が届いた。これはMakerFaireTokyoに向けて100個生産するためのもの。 資金調達するにしても、とりあえずMFTのようなわか...
Posted By :
Comment :0
12