高い安い以外の金銭的尺度と金銭に対する感受性について

例えばアートを買うとする。アートを買うということは、ほぼほぼ作者に対する投票行動であり、応援であり、次をお願いするような感じだ。 しかし普通アートは変われない。投資的な目的出会ったりとか、あまり本質的な理由じゃない買われ方をする。 しかも、なんだかとても非合理的なものに思える。アートを買うということは、どことなく僕の中では批判めいたものを感じる。 その価格は非合理的なもので、どうしてその価格になったのかは明らかに作者の一存で、その価値があるかどうかは虚像に見えるからだ。 単なるボッタクリだなんて言わないけれど、違和感を感じて...
Posted By :
Comment :0