9月
19

スゴ涼の競合 と言うより、似たような機能を持つものを買ってみた。

このタジマの清涼ファン、前々から気にはなっていたけど結構な値段がするから躊躇していた。
この大きなボディーとバッテリー、そして何よりこの腰につけるというのがどういう使い心地なのか気になっていた。

DSCF5023

フルセット

DSCF5063

スイッチで風量を買えられる

DSCF5055

おもったよりでかい

DSCF5028

かなり出っ張る

さすが建築現場向けの業務用、本格的だ。サイズはでかいしつくりがしっかりしている。ベルトに付けたとき安定するように出来ているし、バックルが良く出来ていてどの姿勢をとっても座らない限りじゃまにならない。これで日常生活をといったらそれは厳しいけれども、作業現場であることを考えるとこの背中の出っ張りもまあ許せるかも。ただ、後ろ側に工具をつけている場合は邪魔かもしれない。もう一つ言うとコードが出てしまうという点でスイッチは蛇足だったかも。

風量はそれはもうスゴイもので、汗が吹き飛ぶ。1分もしたら寒くなってきて電源を切ってしまった。実験したのが室内だったからだと思う。炎天下のしかも力仕事をしていたらこれぐらいがちょうどいいのかもしれない。

ただ、音がものすごい。ターボモードとは言え、ダイソンのハンディータイプと大して変わらない音量の音を出していた。

DSCF5041

75dbぐらい?

まあこの商品で日常用途を想定すること自体間違ってるけど、ちょっとオフィスで使うのは憚られる。

ついでに専用ウェアも買ってみた。

DSCF5059

単純だけどスゴイ

これは単純だけれどもよく出来ていた。実際にこれを着るのと着ないのでは全然違って、これを着るとちゃんと長袖の袖の方まで風が通る。

何より参考になったのはこれ

DSCF5047

やわらかい+取り外せる

この吹き出し口が柔らかい素材で出来ていたところ。これはぜんぜん違う。すごくいい。どうしても背中に入れるのは抵抗があるけれども、これでかなり軽減されていた。

更にこの吹き出し口全体が取り外せて、洗うことができる様になっている。汗を書いている所に入れるのだからたしかにこれは当然なされるべき配慮だと思った。

スゴ涼もこれを参考に改良していこうと思う。

About the Author
ものとものに係る仕組みをつくっています。 ゴミとものの間を彷徨います。YOKOITO(@YOKOITO_info)代表 /デジタルファブリケーション/SFC/DMM.makeAKIBAーroom111

Leave a Reply