9月
02
DSCF5001

スゴ涼撮影

ネット経由での頒布実験のためスゴ涼を撮影。MFTでは対面だったけれども、そうではない形で試作品頒布を行うのはやっぱりちょっと緊張する。

 


 

24時間超えの造形が無事終了していた。

DSCF4969

大迫力

IMG_7095

サポート材綺麗

DSCF4977

中空に

今回はもう一つ実験をしていて、Meshmixerでモデルを中空に(肉抜き)している。勿論中空にしても内側にサポート材を生成しないと造形できないからシェルした部分だけ問うわけにはいかないけれども、かなり節約になる。

223ScreenClip

メニューから中空を選択するだけ

この灰色になっている部分が中空になる場所で、透明になっている部分はソリッドのまま残る部部分。

332ScreenClip

レジンの抜け穴

方向を考えてレジンが下に抜けるようにする。今回は最終的に底部分に3つ開けた。この穴あけが中空のプロセスと同時にできるのがすごく便利。

幾つかのモデルで試してみたけれども、今のところ中空の作業で破綻したものはなかったから、かなり使えると思う。変に最初からCADでシェルしたモデルを作るより余程安定していると思う。

下顎の細いモデルもちゃんと中空にすることが出来た。

554ScreenClip

穴あけ

 

445ScreenClip

中空に

光造形機持ってる人はまだ少ないと思うけれども、サポート材の付け方然り、もうちょっと情報交換をしたい。

About the Author
B2Cで何かやりたいと思いつつも、迷走中。 ゴミとものの間を彷徨います。 

Leave a Reply