7月
11

ダヴィンチJrで初めて出力を失敗した。途中で剥がれてしまったようだ。

DSCF3422

失敗

今回は積層痕を目立たなくするよう斜め45度に出力するようにしたのだけれども、剥がれてしまった。形状によっては斜め45度にすると当然接地面が少なくなってしまうので剥がれやすくなるのだけれども、大丈夫かなと思ったら剥がれてしまった。残念。髙松が書いていた記事(link)にはなかったけれども、そもそもデータがFDMプリントに適していないっていうのもかなり大きな原因だと思う。

ちなみに、前も書いたかもしれないけれども付属されていたこのダヴィンチのテープはすごい優秀で、ロールのもの(link)も購入した。他のプリンターでも使っているけれどもすごくいい。結局ビルドタックのような使い捨てに出来ないベッドテープは使ったことがないけれども、どうなんだろう。剥がすときに傷つけそうでどうも使うのが億劫になっている。

About the Author
ものとものに係る仕組みをつくっています。 ゴミとものの間を彷徨います。YOKOITO(@YOKOITO_info)代表 /デジタルファブリケーション/SFC/DMM.makeAKIBAーroom111
  1. Pingback: 斜め45度に出す時の剥がれ対策 2016/06/16 - TAOhtani laboratoryTAOhtani laboratory

Leave a Reply