4月
09

2016/04/09

大学の図書館にあるFABスペースのプリンターが1代のMF-1100を残してすべてMakerbot 5th generation に置き換わっていた。台数も増えて12代のMakerbotが並んでいて驚いた。Makerbotの独自サービスで遠隔地からこのプリンターをスタートさせることができるようになるとのこと。

今季からFAB Campus構想というのが実行に移されているのに関係しているらしい。

http://fabcampus.sfc.keio.ac.jp/

個人的にはもう少し安いプリンターにRaspberryPiをつけてこの倍の台数並べても面白かったと思うけれども、安定性・代理店が修理しに来てくれるメリットはかなり大きいからこれはこれで。より気軽になってどういったものが作られるのかすごく楽しみ。

About the Author
B2Cで何かやりたいと思いつつも、迷走中。 ゴミとものの間を彷徨います。 

Leave a Reply